このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 年、 8 ヶ月前に  管理人 さんが最後の更新を行いました。

 

36歳長男を再逮捕=別府の女性殺害容疑-大分県警
【判決】母殺害 懲役14年 責任能力認める 大分地裁

日付○2017/11/4
☆2017/10/27頃
 大分県別府市で、母親の無職・山野佐知子さん(66歳)を殺害した疑いで長男の無職・山野学容疑者(36歳)が逮捕された。逮捕容疑は、母親の後頭部を炊飯器で殴ったり、包丁で首や背中を刺したりして殺害した疑い。母親は死後1週間ほどたっていたとみられ、死因は失血死。学容疑者は「黙秘します」と話している。

【判決】2019/3/4
 別府市内の実家で母親(当時66歳)を殺害したとして殺人などの罪に問われた同市浜町、無職・山野学被告(27歳)の裁判員裁判で、大分地裁は2019年3 月4日、懲役14年(求刑懲役16年)の判決を言い渡した。争点となった責任能力について有賀貞博裁判長は「善悪の判断が著しく困難な状態になっていなかった」と指摘。完全責任能力があったと認定。
 被告は発達障害の自閉症スペクトラム障害があり、事件前日は処方されていた睡眠薬を通常より多く飲んだとされる。弁護側は「薬の影響で心神耗弱の状態だった」と訴えていた。
 有賀裁判長は動機を「母親が風呂に入った物音で眠れなかったのに、昼すぎまで寝ていたのをしかられ、激しく立腹した」と説明。危害を加えた経緯について、「被告の暴力的な性格により、怒りの感情が高ぶった」と言及し、障害や服薬の影響を否定。「一方的かつ執拗(しつよう)。あまりに自分勝手で幼稚」と非難した。
 判決によると2017年10月27日ごろ、同市上平田町の実家で、母佐知子さんの頭を鉄瓶や炊飯器で複数回殴り、首を刃物で複数回刺して失血死させた。同年11月4日、別府署内で正当な理由なくナイフ3本を携帯した。
発生場所大分県別府市上平田町
参考https://www.sankei.com/west/news/171115/wst1711150084-n1.html

【判決】https://judge.memo.wiki/d/%C2%E7%CA%AC%C3%CF%C8%BDH31.3.4%A1%A1%BB%A6%BF%CD%C5%F9%C8%EF%B9%F0%BB%F6%B7%EF
類似事件を描いた衝撃マンガ!
話題沸騰のノンフィクション『「子供を殺してください」という親たち』
コメントする
コメントを書き込む




最大ファイルサイズ:10 MB.

添付可能な画像の種類(jpg, png, gif)

※画像以外のファイルは添付できません。


別の画像を追加

*:必須項目