このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 年、 8 ヶ月前に  管理人 さんが最後の更新を行いました。

 

「おじの態度に立腹」45歳男性死亡、腹部に包丁2本刺さる 殺人容疑でおいを緊急逮捕 大阪
【判決】叔父殺害で男に懲役6年 「心神喪失」一転起訴 大阪地裁

日付〇2015/11/17~18
大阪府枚方市のマンションで、男性が腹部に包丁が2本刺さった状態で死亡しているのを、訪れた女性ヘルパーが発見した。現場近くにいた男性の甥(27)が事件への関与を認める供述をしたため、緊急逮捕。「おじの態度に腹が立った」などと供述している。
【判決】被告は殺人容疑で逮捕されたが、地検は心神喪失を理由に不起訴処分とした。だが、心神喪失者医療観察法に基づく大阪地裁での審判で、刑事責任能力が問えると判断され、地検が再捜査して28年6月に起訴していた。
争点となった被告の刑事責任能力の有無について、浅香裁判長は「服用した睡眠薬やアルコールの影響で、判断力が低下していた」と心神耗弱状態だったと認定した。
発生場所大阪府枚方市宮之阪のマンション2階
参考http://www.sankei.com/west/news/151118/wst1511180093-n1.html

【判決】
http://www.sankei.com/west/news/160603/wst1606030101-n1.html
類似事件を描いた衝撃マンガ!
話題沸騰のノンフィクション『「子供を殺してください」という親たち』
コメントする
コメントを書き込む




最大ファイルサイズ:10 MB.

添付可能な画像の種類(jpg, png, gif)

※画像以外のファイルは添付できません。


別の画像を追加

*:必須項目