このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 年、 9 ヶ月前に  管理人 さんが最後の更新を行いました。

 

16歳高1男子生徒、母親を殴り刺し殺す 「口論となり殺そうと思った」 岡山・倉敷

日付〇2016/12/31
岡山県倉敷市で、母親(44)を金づちで殴ったり包丁で刺したりして殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、同県倉敷市の高校1年の男子生徒(16)が逮捕された。母親は搬送先の病院で死亡が確認され、県警は殺人容疑に切り替えて調べる。
家族を知る人の話などによると、幼い頃から兄弟が母親から蹴られる姿などが目撃されていた。母親は夜間に仕事に出ており、兄は「ご飯を食べさせてくれない」「普通の環境に生まれたかった」とこぼしたこともあるという。父親の姿は以前からなく、「兄弟が施設にいた時期もある」と知人は話す。
【判決】岡山家裁は15日、初等・中等(第1種)少年院送致とする保護処分を決定。
少年法は、故意に人を死亡させた16歳以上は原則、検察官送致(逆送)としているが、裁判官は「非行歴や学校生活の問題はなく、家庭環境に照らすと、一定の酌むべき事情がある」と指摘。「少年院での矯正教育で更生を図らせることが相当」とした。事件の動機については「日ごろ母親に不満を抱いており、当日、飲酒して帰宅した母親とささいなことで口論となって突発的に非行に至った」と認定
発生場所岡山県倉敷市
参考http://www.sankei.com/west/news/161231/wst1612310020-n1.html
類似事件を描いた衝撃マンガ!
話題沸騰のノンフィクション『「子供を殺してください」という親たち』
コメントする
コメントを書き込む




最大ファイルサイズ:10 MB.

添付可能な画像の種類(jpg, png, gif)

※画像以外のファイルは添付できません。


別の画像を追加

*:必須項目