このトピックには1件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 年、 11 ヶ月前に  匿名 さんが最後の更新を行いました。

 

【虐待,傷害】佐賀県佐賀市 9歳長女の顔殴る 48歳父親逮捕...教師が児相に連絡
【判決】祖父介護や家事担う9歳長女に暴行、父親に有罪判決…長女「毎日怒られ死にたいと思った」

日付〇2019/10/24
☆2019/10/22
 長女(9歳)の顔を殴るなどの暴行を加えてけがをさせたとして、2019年10月24日、傷害の疑いで佐賀県佐賀市に住む父親のアルバイト従業員(48歳)が逮捕された。
父親は、10月22日午後9時すぎ、佐賀市にある自宅近くの駐車場で車の中に9歳の長女を投げつけた上、顔や足などを殴り全治9日間のけがをさせたとして傷害の疑いがもたれています。父親は容疑を認めているということです。警察によりますと、翌日、登校した長女の顔にあざがあるのに教師が気づき、学校が児童相談所に連絡したことから発覚し、長女は「洗濯物を片付けていなかったから叱られた」と話しているということです。また今年8月には近所の住民から「食事を与えられていない子供がいる」と警察に相談があり市や児童相談所が自宅を訪問しましたが、目立った問題はなかったということです。
警察は日常的な暴力がなかったどうかについても調べを進めています。
出典:佐賀テレビ

【判決】2019/12/24
 当時9歳の長女を殴りけがを負わせたとして、傷害罪に問われた佐賀県内の無職の男(48)に対し、佐賀地裁は24日、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。杉原崇夫裁判官は「しつけを超えた違法行為。同じ犯罪を繰り返してはいけない」と述べた。
 検察側は冒頭陳述や論告で、「長女は家事や祖父の介護などを担っていた。被告人は、長女が洗濯物を片付けていないことに腹を立て犯行に及んだ」と指摘。長女が「ほぼ毎日怒られ、死にたいと思った」と話したことに触れ、「人格を踏みにじる児童虐待にあたる」と主張した。弁護側は「深く反省している」として、執行猶予付き判決を求めた。
出典:読売新聞
類似事件を描いた衝撃マンガ!
話題沸騰のノンフィクション『「子供を殺してください」という親たち』
コメントする
ななお |
母親は居ないのかな?しかしアルバイトでも子供がいるし、団地に住めるって日本はいい国だねえ。
引用元:Yahoo!コメント
ore***** |
気がついてくれた先生、本当にありがとうございます。子どもさんも話して良いのか迷ったと思うけど、勇気を持って話してくれて良かった。どんな理由があれ、抵抗できない子供に暴力を振るうことは許されません。これ以上のことがないように、父親は一緒に生活させないほうが良いと思います。
地域のみんなが関心を持って見守りましょう。
引用元:Yahoo!コメント
lnn***** |
日常的に虐待があったのでは?と疑ってしまいたくなる
普通、誰が子供を車に投げつける?それで負傷してるのだよね。極めて危険。取り返しのつかないことにならないよう、厳重な対応をして欲しい。
子供は誰かが守ってくれないと逃げ場がないはず。
引用元:Yahoo!コメント
asa***** |
長女に車のおもちゃを投げつけたのかと思った。

意味のわからない家庭が多すぎる。
引用元:Yahoo!コメント
コメントを書き込む




最大ファイルサイズ:10 MB.

添付可能な画像の種類(jpg, png, gif)

※画像以外のファイルは添付できません。


別の画像を追加

  • コメント一覧
  • 投稿者: 匿名     返信 問題を報告

    教師が通報しなかったら、子供の命なくなってたかも。捕まって良かった。

    0
*:必須項目