このトピックには0件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 年、 8 ヶ月前に  管理人 さんが最後の更新を行いました。

 

田んぼにミイラ化遺体、37歳男を遺棄疑いで逮捕 遺体は父親か 愛知・清須
【判決】父親遺体を水田に遺棄 38歳男に有罪判決、名古屋地裁

日付○2018/3/27
☆2017/7月(父親死亡)
2018年3月27日頃、清須市西須ケ口の五条川の土手下にある自宅近くの田んぼに、同居していた無職の父親(69)の遺体を遺棄した疑いで息子(37)を逮捕。死後3カ月~1年が経過しミイラ化していた。目立った外傷はない。遺体発見後、アパート管理会社の社員が容疑者宅を訪問。室内の異臭や父親の姿が見えないことを不審に思い、同日夜に同署へ相談。息子に事情を聴くと容疑を認めた。
DNA鑑定などの結果から、遺体は息子と同居していた父親(当時69)であることが判明。息子は父親が死亡した後も年金を受け取り続けていた。
※裁判長は「父の年金を受給するために遺体を放置した。刑事責任は軽視できない」として懲役1年6月執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。判決によると被告人は2017年7月に清須市の自宅アパートで同居の父親が死亡したことを知りながら放置し、18年3月に近くの水田に遺棄。判決理由で「被告人は葬儀費用の支出を嫌い、父親に支給されていた年金を受け取り続ける目的で遺体を8カ月以上にわたって放置した」と述べた。
発生場所愛知県清須市西須ケ口の五条川の土手下にある自宅近くの田んぼ
参考http://www.sankei.com/west/news/180328/wst1803280034-n1.html

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31501500X00C18A6CN8000/
類似事件を描いた衝撃マンガ!
話題沸騰のノンフィクション『「子供を殺してください」という親たち』
コメントする
コメントを書き込む




最大ファイルサイズ:10 MB.

添付可能な画像の種類(jpg, png, gif)

※画像以外のファイルは添付できません。


別の画像を追加

*:必須項目