このトピックには3件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。1 週、 4 日前に  匿名 さんが最後の更新を行いました。

 
死体遺棄容疑で長男逮捕 函館 自宅内に両親の遺体隠す
「殺してやる」と叫び声、両親殺害容疑で再逮捕
【判決】函館の両親殺害 長男を不起訴処分
日付○2018/7/3
(両親の遺体は死後数日経過)
○2018/7/14(殺人で再逮捕)
内容 北海道函館市の住宅で高齢男女2人の変死体が見つかった事件で、2018年7月3日、函館中央署は、自宅内にアルバイト従業員の父(70)と職業不詳の母(71)の遺体を隠して遺棄した死体遺棄容疑で、函館市神山、無職の長男(41)を逮捕した。夫婦ともに外傷があり、道警は殺人容疑も視野に調べる。
 親子は3人暮らし。別居する次男が7月2日「家族と連絡が取れない」と道警に相談し、警察官とともに住宅を訪れ、同日午後2時40分ごろ、2人の遺体を見つけた。死後数日が経過していたとみられる。室内に荒らされた形跡はなく、道警は2人を司法解剖して死因の特定を急ぐ。
(続報)2018/7/14 6月29~30日の間に、自宅で父と母の頭部などを複数回にわたって金属の棒で殴り、殺害した疑いで同居の無職の長男が再逮捕された。2人の死因は脳挫傷だった。調べに対し、畑容疑者は容疑を認めている。
遺体発見の数日前、現場の民家付近から「殺してやる」という叫び声を近隣住民が聞いていたことも判明している。
【判決】不起訴
 死体遺棄罪について、2018年10月4日付けで不起訴処分となった。逮捕当時は容疑を認めていたものの、男性は「もう1人の自分がやった」などとも話していたという。
 函館地検が鑑定留置して責任能力を調べたところ、「心神喪失などの状態で刑事責任を問えない」と判断し、男性を不起訴処分とした。函館地裁は同日、地検の申し立てを受け、医療観察法に基づく鑑定入院命令を出した。
 長男は「もう1人の自分がやった」などと意味不明な供述をしていたといい、地検は9月27日までの2ヵ月間、鑑定留置していた。
被害者父親
母親
被害者年齢70歳
71歳
状態死亡
死亡
加害者長男
加害者年齢41歳
続柄親子
判決2018/10/4
死体遺棄罪
不起訴
函館地検が鑑定留置して責任能力を調べたところ、「心神喪失などの状態で刑事責任を問えない」と判断した。
管轄警察署北海道警函館中央署
発生場所北海道函館市
記事URLhttps://www.sankei.com/affairs/news/180703/afr1807030004-n1.html
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180715-OYT1T50022.html
【判決】https://www.hokkaido-np.co.jp/article/234981
コメントする
  • コメント一覧
  • 投稿者: 匿名     返信 問題を報告

    はい、不起訴きた

    0
  • 投稿者: 続報     返信 問題を報告

    これも完全に押川さん案件っしょ。
    ——-
    付近の住民:「病気で苦しんでいるのか叫び声を聞きましたけど」「大声でやり合っているのはしょっちゅう聞いていた」

     警察が遺体を発見した時、畑容疑者は家の中にいて、警察の調べに容疑をおおむね認めています。しかし…

     「もう一人の自分がやった」

     畑容疑者は事件の経緯について、このような趣旨の意味不明な話をしているということです。

     警察は殺人の疑いも視野に捜査を進めていますが、畑容疑者に刑事責任を問えるのかも慎重に調べています。

    UHB 北海道文化放送

    2+
  • 投稿者: 同居41歳長男を逮捕 70代両親の遺体を自宅に放置 外傷あり…殺人でも捜査 北海道函館市 (18/07/03 12:05)     返信 問題を報告

    殺してやる!!って聞こえてたって。。。

    3+
コメントを書き込む



*:必須項目